【旅行記】スノーピークの宿泊施設”住箱-JYUBAKO-” in豊田鞍ヶ池パークフィールドでお手軽グランピング♪【ブログ】

東海エリア 高級宿レビュー

スポンサーリンク

この記事はこんな方向けです

  • アウトドアステイを気軽に楽しみたい
  • グランピングかしたい
  • パークフィールドスノーピーク豊田鞍ヶ池の雰囲気を知りたい

こんにちは!

機械系バイヤーのザク(@zaczac_21_1)です!

この記事は嫁さんとパークフィールド スノーピーク 豊田鞍ヶ池に泊まった時の記録です!

というわけで、今回のテーマはこちら!

【旅行記】スノーピークの宿泊施設”住箱-JYUBAKO-” in豊田鞍ヶ池パークフィールドでお手軽グランピング♪【ブログ】

スノーピークの住箱

スノーピークはいまをときめくアウトドア用品を製造しているメーカーですよね

泊まってみるまで知りませんでしたが、スノーピークは宿泊できるアウトドア施設も展開しているみたいです

それが、今回泊まったスノーピークの”住箱”

簡単に言うと、おしゃれなトレーラーハウスみたいなもんですね

(実はこれ、販売もしているそうですよ笑)

室内は木のぬくもりを感じるかなりおしゃれな内装でした✨

部屋も素晴らしかったですが、ごはんやアウトドア体験も大満足!

季節を感じるおしゃれキャンプめし?も美味しかったし

スタッフにサポートして貰いながら焚き火体験もできました!

朝はまったりコーヒーを飲みながらホットサンドでモーニング♪

自然を満喫した旅を楽しみたい!

という方はぜひチェックしてみてください😀

この記事では、

  • パークフィールドスノーピーク豊田鞍ヶ池の詳しい雰囲気
  • パークフィールドスノーピーク豊田鞍ヶ池の魅力
  • パークフィールドスノーピーク豊田鞍ヶ池に泊まってみた感想

などを紹介していきます!

それでは参ります(^^)

“住箱-JYUBAKO-“の受付

スノーピークストアin豊田鞍ヶ池公園

受付はパークフィールド スノーピーク 豊田鞍ヶ池店の中です

普通に店舗の中に受付があって、ショップのレジに行って受付をしました

受付が完了したら部屋に向かいます

部屋自体は受付のあるショップから出て100mほどの距離のとこにあります

階段を下りて左側に見えてくるこれが宿泊施設の住箱です

“住箱-JYUBAKO-“ってどんな感じ?

“住箱-JYUBAKO-“の外観

客室の外観はこんな感じです

木で作られていて、おしゃれな感じがビンビンに伝わってきますね

見てるだけでワクワクが止まりません笑

冒頭でも言いましたが、スノーピークが実際に販売している”住箱”というトレーラーハウス型の商品だそうです

だから、欲しければ買うこともできます😅

Mobile House “JYUBAKO” 住箱 | スノーピーク * snowpeak
モバイルハウス「住箱」は建築家の隈研吾×スノーピークによるトレーラーハウス製品です。隈研吾がずっとつくりたかった、旅をする建築。住むをもっと自由に。

ちなみにこの”住箱”は世界的建築家の隈研吾氏とコラボしたそうです

あの東京オリンピックで使われた新国立競技場の設計者です

すげーな、スノーピーク…って感じ笑

“住箱-JYUBAKO-“の中

では、客室の中に入っていきます

どんな感じかワクワクです

で、中はこんな感じです

トレーラーハウスなので、そこまで広くはありませんが、間接照明がイイ感じにおしゃれ感を演出してます✨

内側も全面木材で部屋の中でも自然を感じれて良かったです

あと、外を眺められる大きめの窓も付いていて、ソファーから景色を独占できます

ランタンもいい感じですよね

ちなみにこのソファーはスノーピーク製です笑

他にもテーブルやコップなどたくさんのスノーピーク製品が置いてありました

こんなんされたら買ってしまいたくなるやん…

このテーブルもスノーピーク製

このちょっとしたミニテーブルもスノーピーク製

逆に言えば、家のリビングもこんな感じにアウトドア製品で揃えたら、アウトドア感を演出できるってことですよね笑

ちょこちょこ取り入れてアウトドアテイストもあるリビングにしていくのもありだな〜

寝具は寝袋とかではなく、しっかりベッドです

夫婦2人で寝るには全く問題無いサイズです

小さい子供と3人で寝ても十分なサイズだと思います😄

あと、この部屋にはテレビがありません

最初は「oh…」と思いましたが案外なんとかなります笑

最初はネットで買った謎解きキットで謎解きしようと思ってたんですが、

ごはんの後に焚き火をしたら時間があっという間に流れて、まったく謎解きするヒマがありませんでした笑

焚き火についてはこのあと詳しく書いていきます😎

スポンサーリンク

“住箱-JYUBAKO-“のシャワー・トイレ

お風呂はシャワーのみです

残念ながらユニットバスもありません笑

スペースが限られてるので仕方ないですね😅

プライベートウッドデッキ

客室の前にはウッドデッキが広がっています

スノーピーク住箱in豊田鞍ヶ池公園
DCIM\100GOPRO\GOPR1363.JPG

このウッドデッキではいろんな体験ができますよ!

タープの下でゆっくりくつろいだり

夜になったら焚き火をしたり

朝はまったりモーニングをしたり

楽しみ方はいろいろです

焚き火

個人的に今回一番楽しかったのが焚き火です

部屋にはスノーピークの焚き火台が置いてあるので、薪さえあれば誰でも焚き火ができます!

薪もスノーピークストアで1000円で買えるので忘れても安心です😀

ネットで薪を購入できるのであらかじめ用意しておくのもアリですね!

焚き火の火付けはスノーピークのスタッフがやってくれるので安心です

ガスバーナーを持ってきてくれるので、一緒に火付けを楽しむこともできます

その後は薪をくべながらパチパチと音をたてる炎を眺めます

焚き火台が結構大きいので豪快に燃えてくれます

大体1.5時間ぐらいかけて約10本の薪をくべていきます

そのあと、完全鎮火まで1時間ぐらい

ぱっと見て薪が少ないように感じましたが十分でした笑

炭になって小さくゆらめく火を見るのも癒やされます

焚き火は色んな表情を見せてくれますね

焚き火台欲しいな~笑

スポンサーリンク

パークフィールド スノーピーク 豊田鞍ヶ池のごはん

晩ごはん

晩ごはんは季節の食材を使ったコース料理です😄

受付をしたスノーピークの横にスノーピークカフェがあり、宿泊者はそこでごはんを食べます

テーブルやイスはスノーピーク

食器はもちろんスノーピーク

小皿はスノーピークのシェラカップ

出てくる料理もスノーピークのプレートやダッチオーブンで運ばれてきました笑

料理はもちろん美味しかったです✨

美味しいだけじゃなくて、おしゃれでアウトドア感溢れる料理だったので、気分は更に上がりました!

前菜はサラダと併せてサーモンやキッシュがやってきました

添えられてるキノコとかにも味が染みててうまい…

そして、ビールも一緒に頂きます

至福のひとときです✨

お次はポテト

サクサク、ホクホクでうまいです

次はアヒージョです

パプリカ、あさり、パプリカ、ブロッコリーなど具材がたっぷり♪

特に味の染みたエリンギはサイコーです

貝の出汁も吸ってイイ感じです

メインディッシュはステーキ

ステーキはジューシーな赤身肉がどん!

肉を食らってる感じがアウトドア感を沸き立てます笑

デザートはアイスクリーム

味はマンゴーとベリーチーズでした

晩ごはんはホントに盛りだくさんで食べきれませんでした笑

スタッフも量が多いのは把握してるみたいだったので、量をもう少し減らして値段を安くするとか

タッパーを用意しておいて、部屋に持ち帰られるようにして欲しいです

それか自分で容器を忍ばせておくと良いかも…笑

残すのも気を遣いますからね💦

朝ごはん

朝ごはんはウッドデッキでホットサンドです

コーヒーも一緒に楽しむことができます

ガス、ポット、ホットサンドメーカーなどが部屋に常備されているので

スノーピークのキャビネットを使って外に運びます

これ欲しくなっちゃう

朝日を浴びながら湯を沸かし

コーヒーをすすりながらまったり過ごします

スノーピーク製品カッコいいなあ

マグカップがシンプルでおしゃれ笑

気が向いたらホットサンドを焼きます

ホットサンドの具材は前日晩御飯を食べたときに渡されます

具材はトマトチーズとリンゴジャムでした😀

両方とも美味しかったです✨

注意点

バーキングエリアのコンビニには酒がない

部屋から徒歩10分ぐらいのとこにコンビニがありますが、ここにはお酒がありません!

そう、高速道路のパーキングエリアからもアクセスできるからです😅

確か法律でそういうのができたんですよね…

焚き火を見ながら一杯やろうと思ったけどお預けでした笑

歯ブラシは持参!

基本的なアメニティは揃っていますが、環境に配慮しているとのことで、歯ブラシだけはありません

なので、マイ歯ブラシを持参してください!

パークフィールド スノーピーク 豊田鞍ヶ池のアクセス

アクセスはかなり良いです

というか、こんなにアクセスのいい宿泊施設が他にあるだろうか…というぐらい笑

パーキングエリアのスマートインターと直結しているので、受付のあるスノーピーク豊田鞍ヶ池店までは駐車場から降りて徒歩1分!

高速道路の上りからも下りからもスマートインター直結です

駐車場

駐車場は高速道路のPAのすぐ隣です

豊田鞍ヶ池公園の駐車場もありますが、宿泊に来たならPA横の駐車場が最も近いです

豊田以外のスノーピークの宿泊施設

スノーピークのこの宿泊施設は豊田以外にも全国に複数箇所あるようです

Snow Peak Experience Booking Portal キャンプフィールド予約・各種イベント申込み
スノーピークが提供するキャンプフィールド予約・各種イベント申込みはこちらから

こちらから予約できますので探してみてください!

パークフィールド スノーピーク 豊田鞍ヶ池の周辺スポット

PANZAぎふ清流里山公園

ちょっとしたスリルを味わってみたい方はこちらの空中アスレチックもおすすめです

距離は若干遠いですが高速と直結でアクセスは抜群🚗

詳細はこちらで紹介していますので参考にしてみてください✨

スターバックス

スターバックスin豊田鞍ヶ池公園

住箱のある鞍ヶ池公園にはスターバックスがあります

池のほとりに佇んでいて、ロケーションは抜群✨

夕暮れには池に反射してとても幻想的でした

お昼はお昼で気持ち良いです

無料の動物園と観光牧場

豊田市が管理運営しているため、なんと入場料無料!

さすが天下のトヨタ自動車のおひざもとです笑

無料だからといって、ちゃっちさはなく、むしろお金取らなくていいの?

っていうレベルでした😅

芝生広場

サッカーコート4面分ぐらいあろうかという広大な芝生広場があります

多くの家族客で賑わってました

おすすめホテル・宿

スノーピークの住箱もおすすめですが、私が泊まったホテル・宿でこちらもおすすめなので、参考にしてみてください😀

NIPPONIA 美濃商家町

こちらのNIPPONIA美濃商家町は古民家や蔵をリノベーションしてホテルにした宿泊施設を展開しています

とってもオシャレで和の落ち着いた雰囲気が魅力のホテルです♪

ネムリゾート -NEMU RESORT HOTEL NEMU-

こちらのネムリゾートは、贅沢にアウトドアステイを楽しめるホテルです♪

大きな窓から自然の眺めを楽しめたり、食後に焚き火や星空観察を楽しんだり出来ます😀

まとめ

まとめます!

パークフィールドスノーピーク豊田鞍ヶ池に泊まってきました!

部屋はおしゃれ、ごはんも美味しい、焚き火も楽しい♪

という感じでかなり良かったです😊✨

ただ、施設は申し分ないのですが、スタッフがホテル専門ではなく、ショップスタッフが宿泊施設の面倒も見てるという感じだったので、ホテル並みのサービスを期待しているとちょっと残念にも感じます…

ただ、スタッフはホテルの仕事に慣れていないだけで、聞いたら丁寧に教えてくれますのでご安心を!

スタッフとのキャンプトークも楽しかったですよ✨

今回泊まったのは秋でしたが、季節が変わったらまた来たいと思います!😄

以上となります!

ご覧頂きありがとうございました!

コメント